ご挨拶

初めまして。
鍼灸治療院ASSAの代表の斗谷麻美です(^^)/

当ブログをご覧くださり、ありがとうございます。
本日からブログを開始していきたいと思います。
役に立つかもしれない話から、そうでもない話まで色々綴っていきますので、どうぞお付き合いくださいませm(__)m

ところで、日常はドラマチックでもなければ面倒なこと、嫌な事もたくさんあると思います。
生きてる限り多かれ少なかれ、必ず不満や不安は生まれるものですよね。
特に女性は生理周期やホルモンバランスによっても、気分の変動も起こりやすいですし自分でコントロールできない時もきっとあると思います。

日によっては「きーっ!」となってわけもなくイライラしちゃうことだってあることでしょう。(私もそうです。)
優しくいたいのに、明るくいたいのに、そうなれない。
自分が自分じゃなくなるような感じ。
だけど、そんな時に自分のことを責めれば責めるほどネガティブなサイクルにはまってしまします。

そうではなくて、「今の体の状態がこうだから心が不安定になってるんだな」って理解できればとても楽になります。
もしくは、感情を客観的に分析できれば、知らぬ間に「我慢しすぎてたこと」や「本当はしたいこと」に気づくかもしれません。

だからこそ、私はいつも当院のクライアントには体と心の関係をたくさん知ってほしいと思い、施術中にそういった話をよくしています。
人は「正体のわからぬ不安」にはめっぽう弱いものです。
なぜなら、理解ができないものは対処の仕方がわからないからです。
でも、多くのクライアントが「あ!なるほど」と腑に落ちた瞬間、みるみる表情が明るくなっていきます。

原因に対して認識ができれば、脳は自然と対処しようと働き始めるのです。
それがわかればしめたもの。
きっと、そんなネガティブなところも含めて自分が愛おしく思えるはず。
ずっとポジティブでいなければならないなんて、窮屈すぎます。
そもそも、完璧な人などいないのですからね。

イライラしたあなたも、うじうじしたあなたも、いつも通り笑顔のあなたも、全部含めて大切なあなたの側面。
そう気付けたら、もう十分にあなたは「シンデレラ」です。
シンデレラはどんな時も自分を愛しているからこそ、魅力が曇ることはありません。(わがままになる、とは違います。)

「愛する」というとなかなかハードルが高いかもしれませんが、せっかくなら自分を好きでいましょう。
自分のことが好きでも嫌いでも、同じ人生の時間なのであれば、自分の人生ですから、私は自分を好きでいたいと思っています。

あなたにとって、「自分が愛おしくなるヒント」をここで見つけてもらえたらこの上なく嬉しいです。
当ブログがその一助になれば幸いです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。