シンデレラになる色のおはなし~オレンジ色・紫色編~

こんにちは。
鍼灸治療院ASSAの斗谷です。

少し前なのですが、
シンデレラっぽいお菓子をいただきました!

かわいいので見てください(*´▽`*)

シンデレラみたい~♡

白と水色の組み合わせって可憐ですよね。

控えめだけど、
優しくて凛とした感じ。
大人っぽさも感じます(^^)

もし、この組み合わせが白とピンクだったら、
少し幼い感じの可愛い女の子って感じですね。

こうやってみると、やっぱり、
色にはイメージを沸かせるパワーがあると
改めて感じます。

さて、しばらく更新できていなかった
色のお話の続きを綴っていきます!

今回はオレンジ色と紫色についてです。

オレンジ色のメッセージは
「陽気」
「生きることを楽しむ」
「親しみやすさ」「非日常」
「吸収」

オレンジ色は黄色と赤を合わせた色なので、
その二色の意味が交わった意味を持ちます。

黄色には「前向き」と言う意味がありますが、
そこに赤の「行動」が加わることで、
「陽気」であり「生きることを楽しむ」
という意味に繋がります。

また、伝統医学の観点から見ると、
オレンジ色は共生やサポートを表す色。

そのため、
オレンジ色のキャラクターがいるとしたら
「親しみやすくて
人を楽しませることが好きな人」
です。

非日常という意味も
「生きることを楽しむ」「人を楽しませたい」
ところから来ています。

楽しげで親しみやすい雰囲気に
見せることができるので、
店舗などではイメージカラーで
比較的よく使われています。

もし、あなたが近寄りがたい雰囲気や
クールな印象を持たれるのなら、
コーディネートのどこかにオレンジ色を
入れるのがおすすめです。

オレンジ色のパワーで親しみを
感じてもらえるでしょう。

そして、食欲を増進する効果があるので、
よく食べてそれらを「吸収」という意味も。

食欲がわかない時は、食卓にオレンジ色の
食材や食器を取り入れると良いでしょう。

逆に食欲を減らしたい時は、
真逆の色の青が効果的です。

紫のメッセージは
「神秘」「自己実現」
「想像力」「独創的」
「バランス」

紫は青と赤が合わさった色です。

青の精神を表し、赤は現実を表しますが、
その両方の中間であるのが紫は
どちらとも言えない「神秘」を意味します。

紫のキャラクターとしては
「想像力豊かな神秘的な人」
といったところでしょう。

このことから、
占い師さんなど神秘的な雰囲気が
求められる職業の方は
紫を利用していることが多いです。

また、紫=高貴・特別・希少という
意味があります。

理由は古くは、
紫の染料が高価であったためです。

(日本でも冠位十二階で最上位の臣下に
与えられる色は紫でした。)

高貴でプライドの高い紫は、
人と同じことをするを嫌います。

良く言えば個性的、
悪く言えば変わり者。

独特な考えと志高く持ち、
自己実現を目指す色です。

(ここで言う自己実現とは短期的なものではなく
「どう生きるか」という壮大な夢や目標です。)

あなたが夢に向かって
イメージを膨らませたい時、
紫のペンやノートに自分の考えを
まとめみるのもおすすめですよ。

そして、心身のバランスを整え、
自然治癒力を促す色とされています。

青の副交感神経(リラックス)と赤の交感神経(興奮)
の交わる色であることから、
自律神経のバランスを整える効果が。

ストレスを抱えている、
体と心のバランスが崩れている時など、
自然と人は紫を好むとも言われています。

もし、あなたが最近、
紫ばかりに惹かれているようなら、
自律神経がアンバランスになっている
可能性ありです。

そんな時は、ど寝る時に近くに
紫を積極的に置いてみましょう。

眠りを誘う色でもあるので、
寝室に取り入れると快眠効果があり、
回復を後押ししてくれることでしょう。

本日のまとめ

今回の二色は、
どちらも二つの色が組み合わさった色でした。

色にはたくさんの種類があるので、
全ての意味を把握するのは難しいことです。

でも、赤・青・黄などの基本となる色を
押さえておけば、それらの意味を
混ぜ合わせればOK。

何色も合わさったような複雑な色であっても、
解読に応用がきくようになります。

例えば、交流会やパーティーなどで
陽気に過ごしたい時、
オレンジ色に白が加わったパステルカラーの服を
着ていくのもよし。

もっとさりげなくしたいなら、
ゴールドのアクセサリーを付けるだけでも
OKです。
(ゴールドもオレンジ色を含んでいます。)

謎めいた雰囲気を演出するために
紫のアクセサリーをつけるのもよし。

もっとさりげなくしたいなら、
ラベンダーカラーの小物を持ってもいいでしょう。

印象を変える以前に、
色の波長は身に着けている本人に一番、
影響を与えます。

例え、目で見えなくとも、
皮膚で感じているとも言われています。

文字通り心まで色に染まるんです。

今日は、
どんなあなたになりたいですか?

何色に惹かれますか?

日常に溢れている色を、
なりたい自分になるための友達として考えてみると、
ちょっと楽しくないですか?(#^^#)

次回は藍色と黄緑色について
書きたいと思います!

二色とも控えめな色なので
より使いやすい色ですね。
お楽しみに♪

※のんびり更新していますが、
どうぞお付き合いよろしくお願いしますm(__)m

関連記事

  1. シンデレラになる色のおはなし~ゴールド・コーラル編~

  2. シンデレラになる色のおはなし~藍色・黄緑色編~

  3. シンデレラになる色のおはなし~赤編~

  4. シンデレラになる色のおはなし~青・黄色編~

  5. シンデレラになる色のおはなし~シルバー・ブラウン編~

  6. シンデレラになる色のお話~緑編~

  7. シンデレラになる色のおはなし~マゼンダ・ターコイズ編~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。